読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダダめも

思いついたことをまとめる

写真データが容量無制限のAmazonフォトプライムはRAWデータも無制限らしい

2016/1/21 に発表されたAmazonフォトプライムが話題になっているようです。

Amazonフォトプライム

Amazonフォトプライム Amazon Cloud Drive(以下ACD)のサービスの一部です。ACD米国版は容量無制限なのに、日本版は上限5GBという制限が以前からありました。

【人柱レポ】容量無制限の本家アメリカ版Amazon Cloud Drive使ってみた&超快適最強サービスだった! | ひとぅブログ

それが今回のサービス改変で写真データのみ容量無制限ということになったようです。

画像以外はやっぱり上限5GB

調べてみると写真データ以外はやっぱり上限5GBでした。

そうすると「写真データは専用フォルダに保存する? それとも写真データの容量だけカウントしないの? その両方なの?」という疑問がわきました。

保存する場所は同じで、容量をカウントしない仕様だった

というわけで実際に調べてみました。

今までACDは使っていなかったので使用容量はゼロです。そこに19MB弱のファイルを置いてみました。

f:id:dada:20160121153714p:plain

同じ場所にRAWデータ(拡張子「CR2」)を2つ置いてみました。

f:id:dada:20160121153903p:plain

すると、ファイル総数は「3」なのに「1個のファイル」と表示されます。 RAWデータはファイルの個数にカウントされていません。

※本来はここに写真の個数が別にカウントされるのですが、反映されるまで少し時間がかかるようです。

f:id:dada:20160121153912p:plain

拡張子で判断しているわけではなさそう

拡張子で判断しているのだろうか? という疑問がわいたので、先ほどのZIPファイルの拡張子を「.jpg」にしてアップしてみました。

f:id:dada:20160121154544p:plain

しっかり容量にカウントされています。ファイル個数からも写真データ扱いになっていないのがわかります。

f:id:dada:20160121154552p:plain

Lightroomカタログごと置いちゃう?

写真データだけ無制限で、他のファイルも一緒に置くことが出来るのがわかりました。

拡張子ではなくデータ形式をちゃんと確認しているのもわかりました(当たり前か)。

というわけでどういう風に使うかはおいおい考えていきたいと思います。

個人的には外付けHDDにある写真+Lightroomカタログをまるごと置いて同期させようかなーなんて考えてますが、その辺はデスクトップアプリ次第かなと。

シンボリックリンクは使えるのか。外付けHDDがない状態ではどうなるのか。その辺も検証してみたいと思います。

2016/1/24追記

現状のAmazon Cloud Driveデスクトップアプリは同期型ではないので、「カタログを置いて自動的にバックアップ」のようなことは出来ないようです。